プラスチック金型部品の熱処理加工

閲覧数: 更新時間:2011-9-23 文字の大きさ:14px 12px
品目別に鉄鋼材の起用は、作プラスチック型化学成分と力学性能が違うため、製造プロセス路線とは違って;同様に、全く異なるプラスチック模具钢采用の热処理プロセスは変わります。当节案内してプラスチックを模仿する製造プロセス路線と热処理プロセスの特徴があります。
 
一、プラスチックの金型の製造プロセスコースだ
 
1 .低碳钢及び低炭素合金スチール型だ
 
例えば、20,20 cr、20crmntiなど钢の工芸路を:上スリープ→锻冶模フロア→焼鈍し→機械粗加工→寒い圧迫成形→再結晶焼鈍し→機械コンプリ→カーボン滲入→焼き入れ、焼き戻す→研ぎに関して→組み立てだった。
 
2 .高合金汗ばん碳钢製だった
 
例えば12crni3a、12crni4a钢の工芸路を:上スリープ→锻冶模(→正火并フロア高温焼き戻す→機械粗加工→高温焼き戻す→コンプリ→カーボン滲入→焼き入れ、焼き戻す→研ぎに関して→組み立てだった。
 
3 .金型の譲渡とスチールだった
 
例えば、45,40 crなど钢の工芸路を:上スリープ→锻冶模フロア→焼鈍し→機械粗加工→譲渡とコンプリ→改修・機械→は艶出し→組み立てだった。
 
4 .炭素の问题や合金ツールスチール型だ
 
例えばt7a ~ t10a、9sicrなど、crwmn钢の工芸路を:上スリープ→锻錬成模フロア→球化焼鈍し→機械粗加工→へ行く応力焼鈍し→機械半コンプリ→機械コンプリ→焼き入れ、焼き戻す→研ぎに関して→組み立てだった。
 
5 .预金硬スチール型だ
 
例えば5nisica、3cr2mo(p20)など。费については直接使用する棒を加工した、出荷状态が行われるプリハードン処理と関連して、直接加工,成形後に関しては、組立だった。贵女改锻錬成泊める後の再加工して、その工芸路線を後先構わずに:上スリープ→改锻錬→球化焼鈍し→割くや銑三面→贮める硬処理(34 ~ 42hrc)→機械粗加工→へ行く応力焼鈍し→機械コンプリ→に関して→組み立てだった。
 
二、プラスチックを模仿する热処理の特徴があります
 
(1)しみ碳钢プラスチックの発热が特徴だ
 
1 .に対しては高硬度)、高耐磨性強じん要求とのビニール型版、选べると汗ばんだ碳钢を作りを活用し、カーボン滲入・焼入れと低温焼き戻すを最終発热しなければならない。
 
2 .问。カーボン滲入層の要求を、一般のカーボン滲入层の厚さは0 . 8 ~ 1 . 5 mm、トマトケチャップ硬質填料のプラスチックを制圧した時に金型カーボン滲入层の厚みの要求は1 . 3 ~ 1 . 5 mm、ソフトビニールでカーボン滲入層が厚さ0 . 8 ~ 1 . 2 mmである。カーボン滲入層の含碳量に0 . 7 ~ 1 . 0 %のが良い。炭素や窒素の導入の際は、計汗ばん耐磨性,耐腐蚀性、抗酸化・国防粘性ならもってこいだ。
 
3 .カーボン滲入温度は普通は900 ~ 920℃キャビティの小型金型で複雑で℃款840 ~往復温炭素窒素計汗ばんだ。カーボン滲入保温时间は5 ~ 10hに対して、具体的なに従わなければならないと汗ばんだ层の厚みの要求で選ぶ。カーボン滲入プロセスを差等カーボン滲入プロセスが適当。つまり高温段階(900 ~ 920℃)で素早い炭素浸透部品表層が中心となっています;で温段階(820 ~ 840℃)が増えカーボン滲入层の厚みを中心にし,カーボン滲入層内に合理的な炭素の濃度梯度均一分布のように見えたが、直接焼き入れだった。
 
4 .カーボン滲入後の软化工程通りとは違って、カーボン滲入竹竿後はそれぞれ再加熱焼入れ:;間引きカーボン滲入された直後に焼入れする(たとえば合金汗ばん碳钢);汗ばんで温炭素窒素合わせて直接焼入れする(たとえば工業用の鉄や低碳钢冷抑えよう纯根強かった小型精密具有);カーボン滲入て空席に寒い焼入れする(たとえば高合金汗ばんで製造された碳钢大・中小型)を記録した。(2)淬硬钢プラスチックの热処理しなければならない
 
1 .形が複雑なの金型には粗加工以降すなわち発热を取り調べた後、コンプリてこそ、発热で変形を最小化し、精密型版、変形しなければならないについては0 . 05 %以下だった。
 
2 .プラスチックモデル弁表面の要求を厳しく指導をしないため、加热する過程で確保しなければならない软化キャビティ表には酸化や不拉や不浸食、不過熱などが含まれている。保護の雰囲気が良くなければならないか、厳しい脱氧炉から后の塩浴炉で加热の導入の一般箱ーム抵抗炉加热しなければならず、模弁面に涂るとともに、統制保護加热する速度、冷却時を選ばなければならないが緩和された冷却媒体は,制御冷却速度を避け、焼き入れ過程で起きた形を変え、てできなかった。普通、暑い浴焼き入れを警戒しても、采用冷焼入れする方式を取っている。贮める
 
3 .焼入れ後直ちに焼き戻し、焼き戻す温度よりも1 .金型の仕事の温度を焼き戻す時期を十分に、長い扱えなくなった金型材と断面サイズによる、少なくとも40 ~ 60min以上だった。
 
(3)を贮める硬钢プラスチックの热処理しなければならない
 
1 .预金硬钢は予約硬実態に納品する、一般的に热をする必要はないが、たまには普段の必要性を示唆し、改锻錬後に変えた模(热フロアが行われなければならない。
 
2 .预金硬い鉄钢の通常球化をあらかじめ発热で目的は解消焼鈍し锻冶応力を獲得し、バランスの取れた球状珠光体組織を减らすため、硬さを高める一方、塑性、改善模フロアの切削加工性能や冷圧迫成形した性能を持っている。
 
3 .预金硬い鉄钢の予約硬処理プロセスを采用して简単に、多数の譲渡と処理し、勝利を収めて焼き戻す索氏譲渡と体の組織だった。高温焼き戻す温度范囲は広いが満足できる鋳型のさまざまな仕事硬度を要求している。この類の钢淬透性焼入れするときは良好で、采用油冷や空寒かったり硝盐間引き焼入れだった。
 
(4)時効硬化钢プラスチックの热処理しなければならない
 
1 .時効硬化钢の発热工芸分二歩基本工程。まず固溶(司法処理し、钢をに加熱し、各種の合金元素を高温に溶け込んで、完成するオバマ氏の体にオバマ氏の体を13才の体を後焼入れ組織である。時效処理と関連して、第2弾では最後の強化を利用して要求時効の力学の性能を持っている。
 
2 .固溶(加热は、一般的に塩を処理する浴炉、蓋のある炉で行われ、加熱時間にそれぞれ望ましい:1min / mm,2 ~ 2 . 5 min / mm、焼き入れ采用油寒くて、良い淬透性竹竿たりすることができる空き寒くなってきた。锻冶模フロアの際にすれば正確なコントロールを仮定して锻錬温度を低くし、後は直接锻冶溶れていた。グリコ
 
3 .時效処理最高が真空炉で行われ、蓋のある炉で行われ、励ましが模弁の表面に炉内順子によって酸化通入保護雰囲気をしたり、酸化とアルミニウムやグラファイトの粉、现品铁屑、荷物の保護を時効なんです。加热して荷物を保護しなければならない引き伸ばす保温时间、さもなくば難しい時效効果もあります。
 
三、プラスチック模の表面処理することにした
 
表面耐磨性を高めるために、ビニール模(·蝕性からして、適切な表面にもかかわらず、これを処理することにした。
 
1 .プラスチック模クロムメッキは一種の応用が最も多くの表面処理方法、クロムめっき層は大気中に、強力な鈍化能力に長く金属光沢、多様な酸性媒体でいずれも不化学反応を起こした镀层硬度が1000hv、优れ耐磨性だった。クロムめっき階建ての高い耐熱性も持っていて、空気に加热~ 500℃時見かけと硬度が見られないで推移している。
 
2 .窒化処理の温度が低い(普段は550 ~ 570℃)や金型変形機能が十分でないと汗ばん階硬度高(は1000 ~ 1200hv)などの利点があるのか、とても适プラスチック模の表面処理することにした。含有クロム、モリブデン、アルミニウム、钒やチタン合金元素の竹竿碳钢より優れた窒化性能を使ってプラスチック模などの際に窒化処理が飛躍的に向上し耐磨性だった。
 
プラスチック模の表面に适する処理方法は、窒素炭素計しみや化学チュンチョンブクド・ウムソングンニッケル、イオンチュンチョンブクド・ウムソングン窒化チタンや産業チタンや炭素窒化チタン、pvd、cvd法埋立て硬質膜や超硬膜などが含まれている。