金型を制圧した過程を主にいらした影響要因だったのだろうか。

閲覧数: 更新時間:2011-9-23 文字の大きさ:14px 12px
(1)粉の性能の影響を受けた
硬度大・塑性小さく、摩擦性大の粉の抑圧の性能を通じ、加潤滑油や成型剤を适切に改善します;粉純度も低く、含酸素量しているときに、抑圧の性能、原料の粉で復号する処理を克服できる;単一の细いたり粗粒粒粉末や形、安定の粉を制圧した性能均が粗く、采用混合粉末粒度形の複雑な粉と粒改善できる制圧性能を持っている。
(2)を制圧した過程の影響を受けた
成型金型表面越きめ細かくツヤと硬度が高いほど、刚性を、より有利悪い体密度の向上と。双方向抑圧のフロアを采用して体の密度を単一より高く、よりも抑えた。加圧速度が低いほど、保圧時間が長くなるほど、フロア体の密度を高められるように、大規格や模様の複雑な「が特に重要だ。