製品紹介

経営範囲:自動車ドアノブ金型・自動車プラスチック金型・自動車ドア金型・プラスチック金型

金型加工プロセス:金型図面の確認---材料の手配---加工---モールドベース加工---コアー加工---電極加工---金型部品加工---検査---組み立て---型合わせ---試作---生産

加工設備:NCフライス盘 2台;ダイシンカー 6台;放電加工機(EDM)6台;ワイヤーカット放電加工機 3台;ボール盘 2台;研削盘 2台;フライス盘 1台;CNC旋盤 2台

加工能力:金型設計 金型製造 プラスチック成形金型加工

金型材料:P20,718,718H,2738,2316,S136(材料はお客様のご要求に応じて選びます。);モールドベース:45#プリハードン>30hrc

冷却システム:最適化デザインした水循環は能率を上げて、コストの削減も可能になります。

中期処理:調質、硬度を高める

後期処理:窒化処理(窒化処理の温度は低いですから、変形はほとんどありません。焼き入れしなくても、表面硬度と耐磨性は高いです。)

ガスアシスト射出成形:プラスチック節約 成形周期短い 品質がいい 射圧と型締め力は軽い 小さい成形機もできる バリがない ゲートが少ない 型寿命が長い 低鋼性の金型材料は加工易い 放電加工が易い  スライドが少ない 凹む、変形、反り、ウェルドラインも少ない

型寿命:P20は一般的に30万回の使用ができます。